ようこそゲスト様 | ログイン | パスワード再発行 |
ペットの病気・しつけ

ペットの病気

ノミ・ダニ、フィラリアの豆知識

予防したいフィラリア

 犬の代表的な寄生虫のひとつに、蚊が媒介する『フィラリア(犬糸状虫症)』があります。これは長さが15〜30cmもある糸状のフィラリア中体が、右心室や肺動脈に寄生する病気です。症状としては、吐く時のような咳をする、腹水がたまる、血液素尿、失神がみられるなどがあります。  この恐ろしいフィラリアを予防するには、毎月1回、予防薬を飲ませる必要があります。期間は蚊が発生している間ですが、蚊がいなくなった後も1ヵ月間は与えます。

病院から出た薬の飲ませ方

 ノミやダニは、とくに春先から秋にかけての暖かい時期に大量に発生します。犬は激しいかゆみに苦しむだけでなく、アレルギー性皮膚炎を起こしたり、ノミの場合は犬条虫を犬の体内に寄生させたりもします。  ノミの駆除剤は、ノミ取り首輪やノミ取り粉、ノミ取りシャンプーなどの市販剤や動物病院で処方するものもあります。どの駆除剤を使うかは、獣医さんにもよく相談して決めましょう。

ノミ・ダニ、フィラリア予防のお薬

 恐ろしいフィラリアはもちろん、ノミやダニにも単にかゆいというだけでなく、様々な病気を引き起こします。どちらもきちんと対応すれば避けられるものですから、定期的に使ってワンちゃんをフィラリアやノミ・ダニから守ってあげてください。  ノミの見つけ方ですが、ノミの糞に注目しましょう。ノミの糞は黒くて固く砂の粒状です。犬を湿らせた白い紙の上に座らせ、首の周りや足の付け根などを、毛の流れとは逆方向に手でブラッシングしましょう。ノミがいれば黒い糞が紙の上に落ちてきます。落ちてきた糞をティッシュなどでつぶしてみましょう。髪が赤褐色になれば、それはノミの糞と思われます。

ペットのしつけ

 

ひとりでお留守番

 ひとりでビクビクセにお留守番ができるようになるためには、早い時期からひとりでいることに慣れさせることが大切です。  まずは飼い主さんが家にいる時に、室内のドアを閉めるなどして、子犬が常について回ることができないようにします。これに慣れたら少し長めの時間(30分くらい)ひとりにさせてみましょう。この時、お留守番専用のとっておきのおもちやを用意すると、子犬にとって不安な時間が楽しい時へと変わります。  少しずつ時間を延ばしていけば、やがて長時間のお留守番が可能になります。

環境の変化によるムダ吠え

 お留守番をさせると、その間ずっと飼い主を探して鳴き続ける犬がいます。それを防ぐためには、鳴いてから呼んだからといって引き返さないことが肝心です。「鳴いたら戻ってきてくれる」と思ってしまうと、子犬はいつまでたってもお留守番になれることができません。また、出かける時や帰ってきた際にかまいすぎるのも、子犬にとっては飼い主がいなかった寂しさが強調されるだけです。  子犬に留守番をさせる時は、おもちゃやおやつに夢中になっている間に声をかけず、静かにその部屋を出るようにしましょう。

飛びつき癖をなくす

 飼い主が帰宅した時などに、嬉しくて飛びついてくる犬がいます。大歓迎されるのは悪い気がしないものですが、洋服を汚されたりするのは困りもの。飛びつき癖をつけないためには、帰宅した際にオーバーな声かけやアクションを子犬に対して行わないことが肝心です。つまり子犬を興奮させないようにするのです。  すでに飛びつき癖がついてしまっている場合は、帰宅したら子犬を無視したまま部屋に入り、壁に向かってはりついて、子犬が落ち着くのを待ちます。この時、飛びつかれないように両手は上にあげるか組んでください。子犬が落ち着いたら、着替えていつもどおりに接します。こうすれば飛びつき癖は徐々に治っていきます。

「マテ」を教える

 「マテ」は制止を理解させる言葉です。  「マテ」がわかると、外出時の急な飛び出しによる事故を防いだり、知らない人に飛びつくこともやめさせられますので、必ず覚えさせましょう。  「オスワリ」ができるようになったら、食事の時に食器を持ったまま、まず「オスワリ」をさせます。座ったら食器を目の前に置き、手のひらを子犬の顔のほうに向けて「マテ」と言います。最初はほんの2〜3秒。そして少しずつ長くしていきます。待てないで食べようとしたら、「オスワリ」からやり直します。ちゃんと待てたら「ヨシ」と言って食べさせ、ほめてあげましょう。

拾い食いをさせない

 散歩の途中に広い食いをし、それが心無い人が置いた毒入りの食品だったために命を落としてしまった犬もいます。こんな悲しいことを防ぐためにも、散歩の時は子犬の行動を常に観察していましょう。  もし何かを口にしようとしたら名前を呼び、飼い主を見たら「いい子ね」とほめて、ごほうびのフードやおもちゃを与えます。そのスキに落ちているものを拾い、他の犬や猫が口にできない場所に始末しましょう。  すでに落ちていたものを口に入れてしまっている場合は、あわてて声をかけてはいけません!子犬が驚いて飲み込んでしまう心配があります。静かにごほうびを見せ、それと交換してください。

人の食事を欲しがる時は…

 人間用の食べ物には塩分や糖分が多く含まれているため、犬が食べると肝臓や腎臓の機能不全を招いたり、糖尿病になる危険性が大です。最初から決して与えないこと。また犬には高い位置に置いたつもりでも、テーブルクロスの端をくわえて容器ごと落とすといったこともあり得ますので、保管にも十分気を配りましょう。  どうしても食事中に欲しがって騒ぐ場合は、ケージに入れて無視をします。これを徹底すれば、やがて犬は自分の食事と飼い主の食事は違うものだと理解していきます。

呼び出しサイン「オイデ」

 「オイデ」の号令で迷わず飼い主のもとへ戻れるようにしつけることは、交通事故や犬同士のケンカなど、危険な状態から犬を守るために必要なことです。  まずは子犬にとっていちばん楽しみな食事中の時間から始めましょう。  フードの入った食器を持って「オイデ」と呼びます。同じ部屋の中でも毎日違う場所で呼ぶことが、早く理解させるコツです。子犬は「オイデ」と呼ばれて行くと食事をもらえるし、楽しいことがあると覚えます。耳掃除や爪切り、ケージに入れるなどといった子犬にとって楽しくないシーンでは「オイデ」は使わないようにします。  室内で「オイデ」に従えるようになったら、次はリードをつけて外(最初は庭や家の前)で行います。こうして徐々に距離を延ばしていきましょう。

家具などをかじる

 物をかじること=確認の行動で、子犬にとってはごく自然な行為です。「何もかじってはダメ」と叱るのは、子犬にとって大きなストレスになりますので、必ずかじってもよい犬用のおもちゃなどを準備しましょう。その上で、かじられて困るものは子犬のそばには置かずに、サークルなどを前に置いて子犬がそばまで行けないようにします。それが無理ならペット用の忌避剤(一般に販売されています)をかけるなどしましょう。  それでもかじって欲しくないものに歯をあてようとしたら、「ダメ!」と声をかけ、かじっても良いおもちゃと交換してください。